短時間のお客様が多い

「オナクラ」の来るお客様の客層というのは、本当に様々になってきます。
その中に、ただ風俗にいなさそうな女性ということだけを求めて、そういった女性とエッチなプレイをしたいという目的だけで「オナクラ」を利用するお客様も存在してきます。
そういった女性とエッチなことをしたいということで、オプションも多く付けて気づけば結構な金額になるというのはよくあることなのです。
ある意味、女性にとっても使ってくれる金額が大きく稼げますから、とてもありがたいタイプなお客様だといえるのです。
そこで、他の風俗にはいないタイプの女性を求めてやってくるお客様は、ルックスが良いだけでなく、清純そう、清楚感のある女性を求めてきます。
「オナクラ」でお仕事をするなら、お仕事のときにはそういう清純や清楚系スタイルを頑張ってみるのも一つのてかもしれません。
すでに「オナクラ」で働いている女性などは、本当のプライベート用のスタイルよりも清楚感を出すことに気を使っているようです。
具体的には、ピンクや白ベースのワンピースなどのガーリー感があふれる感じだといいと思いますし、もちろんメイクもナチュラルな感じのほうが間違いないともいえます。
なお、ハンドサービスが多くなる「オナクラ」で一番気にしたいのは、ずばりネイルのケアになってきます。
やはり、手に視線が集まりやすいですから当然といえば当然のことのように思えます。
そこで、派手なネイルアートはギャルっぽい印象があって苦手な男性が意外に多いといいます。
また、爪が長すぎるとちょっと大事なところを触られるのは苦手と感じられる場合もあります。
もちろん、ネイルアートがハゲかかっているのは興ざめですので、できればアートをしないくらいのほうがお客様ウケはいいかもしれないのです。
最後に、「オナクラ」のサービスが好きというよりも、「オナクラ」だと風俗の割にはお手軽料金で済むという理由で利用するお客様も一定数いるそうです。
ハンドサービスのコースを選んでも、30分なら6000円ほどで、レンタルーム代を含めても10000円かからず遊べるから他の風俗よりも安い、ということが理由なのです。
後、こういう短時間で終わるお客様は意外に楽でもあるのです。
「オナクラ」で長時間コースに入るお客様は、たいてい女性のファンなどで長い時間を女性と過ごしたいことが理由になります。
でも、ロングコースばかりだとかなり気疲れしてしまう女性が多いのも事実で、90分や120分コースだとプレイが終わった後に話す話題に困ってしまうことも多いようです。
それよりは、当たり障りのない会話とちょっとしたサービスだけですぐに終わらせられる、短時間のお客様も入ったほうが意外に気分が楽でもあるのです。

参考資料 > オナクラやチャットレディなどソフトな風俗サービスの求人が探せる「モモコちゃんねる」

ルックス重視

「オナクラ」という、今ある風俗の業種で一番ソフトな業種が存在しています。
料金も比較的安めということから、来店されるお客様の客層もかなり変わった性癖の人が多く来店されるという特徴もあるのです。
たとえば、「こんなオプションを本当に頼む人がいるのか」、というちょっと変態チックなプレイを好むお客様がいます。
そもそも、「オナクラ」のオプションは内容がハードではないにしても、男性の隠れた願望を満足させてあげるというちょっと変態チックなオプションが用意されています。
ですので、働く側の女性についても、心の中で引いてもいいですが、決してお客様の前で顔に出したり言葉にしないように気を付けなければならないのです。
そこで、「唾」オプションで思いっきり顔に唾を吹きかけてほしい、「女性の匂い嗅ぎ」オプションで、ひたすら靴下や脇の下の匂いを嗅ぎたい、といった決してハードなサービスではないのですが、ちょっと独特な感じはあります。
他にも、お店によっては客層によりユニークなオプションが用意されていることもあります。
「陰毛3本持ち帰りで下の毛をお客様にあげる」、「ラッピング拘束でお客様を縛って動けなくするプチSMプレイ」、といったリクエストをもらっても、そのお客様の性癖を理解した上で、愛嬌をもって快く接してくれる心の広い女性がやはり人気が高いのです。
「オナクラ」は、風俗としてはとてもソフトサービスな内容ですが、独特の世界やサービスがあることだけは知っておかなければならないのです。
次に、「オナクラ」には他の風俗店にはいないようなルックスの良い女性、清純そうな女性が目当てなお客様も多いという特徴があります。
「オナクラ」は、ちょっと変わったお客様が訪れるにしても、他の風俗よりも圧倒的にソフトなのは間違いありませんのでお店の数も多くはありません。
そういったことから、採用される女性はルックスが良かったり、清純そうな雰囲気の女性など、他の風俗のお店にはあまりいなさそうなタイプが多いのです。
そういう、風俗のお仕事をしていなさそうな女性にエッチなことをしてもらいたいという理由で「オナクラ」を利用するお客様も少なくありません。
もしかすると、アイドルオタクのようなタイプの男性をイメージしてもらえるとわかりやすいかもしれません。
そこで、こういう風俗にいないような女性を求めて「オナクラ」に来るお客様は、変わったオプションではなく、ストレートにエッチなオプションを選択する傾向のようです。
たとえば、ランジェリー姿やトップレス、オールヌードなどになります。
結局、色々なオプションを付けるとヘルスよりソフトな内容なのに、普通のヘルス店をはるかに超える支払い額になってしまうのです。
それでも、風俗にいなさそうな女性とエッチなことをする、という願望が満たされるならそれはそれでOKというタイプのお客様になるのです。

引かないことが大事

風俗業界の業種の数は、細かく分類するとかなりの数が存在してくるのです。
この業種の数というのは、ある意味世界一といっても過言ではない数になってきます。
その中に、これも日本にしかないであろう業種に「オナクラ」というものがあります。
この「オナクラ」といえば、基本サービスでは「脱がない」、「舐めない」、「触られない」という風俗業界では一番といっていいほど超ソフトなお仕事になりますので、多くの若い女性が「オナクラ」で働きたがるようです。
ですが、ちょっとばかり他の風俗とは毛色の違ったお客様が来る傾向にあるのも事実になります。
単にソフトだからというだけでなく、どんなお客様が多いのかを知って、無理のないお店選びが大事になってくるのです。
お客様のタイプを大きく分けてみますと、「自分の恥ずかしい姿を見てほしい願望のあるプチMの男性」、「他の風俗よりもかわいいもしくは風俗慣れしていない女性が目当ての男性」、「お手頃価格に引かれてやってくる」、という3種類に大体分けられてきます。
そこで、「オナクラ」には変わったお客様が来ることもあるのですが、それに引かない包容力がとても大事になってきます。
たとえば、女性と普通にイチャイチャしたいのではなく、自分の恥ずかしい行為を見てほしいだけといったお客様も変わった分類に入ってきます。
数ある風俗の中からあえて「オナクラ」を選ぶお客様は、そこそこM性癖の男性が多いのは間違いありません。
中には、単に言葉でいじめてほしいだけなのに、SMクラブに行くと大金がかかってしまうので「オナクラ」に行くというMの男性もいます。
プライベートで面と向かって頼まれたら、場合によってはドン引きしてしまう可能性があるのも事実です。
「オナクラ」を利用するお客様の中に、かわいい女性から股間を罵ってほしいというリクエストは特に多いといいます。
こういったお客様を一見気持ち悪いと感じるのは当然のことですが、ここはお仕事ですのでドン引きしないできちんと罵ってあげましょう。
一方で、厳しくではなく優しくいじめてほしいというリクエストも多いそうです。
そういう場合には、「すぐに大きくして変態なんだから」、というような言い方をすればいいと思われます。
そういうお客様のタイプによって、言葉攻めのやり方を変えるのも大事なことなのです。
他にも、「踏みつけてほしい」、「ビンタをしてほしい」といったレベルのプレイのリクエストが多いともいいます。
慣れればすぐ平気になるという女性がほとんどですが、最初はちょっと覚悟が必要なポイントになるかもしれません。
「オナクラ」で働くこと自体、他の業種と比べれば全然楽な部類になるのですが、お客様次第ではこういった演技をしなければならないケースも多いのです。